特定非営利活動法人 量子化学研究協会研究所 Quantum Chemistry Research Institute

 化学の世界は量子力学の原理、とりわけシュレーディンガー方程式によって支配されています。従って、この方程式を、正確かつ使い易い形で一般的に解くことができれば、化学現象を理論によって予測したり設計したりすることが可能になります。当研究所の中辻は2004年シュレーディンガー方程式を解く一般理論を世界で初めて発見し、その功績により2016年WATOC(World Association of Theoretical and Computational Chemists)よりSchrödinger medalを授章しました。
 量子化学研究協会研究所の主な研究テーマは、この正確なシュレーディンガー方程式の一般解法を基礎に、化学者にとって使い易い正確な予言的量子化学を創り、科学と化学に提供することです。2006年の設立以来、NPO法人量子化学研究協会の研究活動によってその目的は着実に達成されつつあります。

 

京都市伏見いきいき市民活動センターからインタビュー

 京都市伏見いきいき市民活動センターから、私達の認定NPO法人の活動についてインタビューを受け、その記事がブログにアップされました。それについては
https://www.ikik243.com/post/for-local_volume6
をご覧ください。Facebookにも投稿されており、
https://www.facebook.com/ikik243
からご覧いただけます。
私達の活動を簡単に説明したpower pointもご覧ください。
http://www.qcri.or.jp/activity.pdf

(下の画像をクリックすると伏見いきいき市民活動センターのページにジャンプします) ikiiki
(2020年7月31日掲載)

シュレーディンガー方程式を普通の1・2電子積分だけで解く平易な道が拓かれました。

 ”Solving the Schrödinger equation of atoms and molecules using one- and two-electron integrals only”, Hiroshi Nakatsuji, Hiroyuki Nakashima, and Yusaku I. Kurokawa, Phys. Rev. A. 101, 062508 (2020)

 こちら よりご覧いただけます。

(2020年6月4日 Phys.Rev.A onlineに掲載)

QCRI におけるJSPS 特別研究員(PD, DC) の募集

 現在、量子化学研究協会・研究所(QCRI)では日本学術振興会の特別研究員(JSPS PD, DC: 令和3年度(2021年度)採用分)を募集しております。
 当研究所では、主な研究テーマとして、2004年に研究所長の中辻によって開発されたFree Complement (FC) theory (自由完員関数理論)というシュレーディンガー方程式の正確な一般解法に基づいて、正確であると同時に使い易い量子化学理論の構築を目指して研究を進めています。必ずしも容易な研究ではありませんが、夢を共有し、特別研究員の自由な発想と幅広い視野と融合することによって、研究をさらに展開できたらと考えています。共感される方を募っています。その研究には、以下のような内容がふくまれると思われます。
・ シュレーディンガー方程式の解の精度での量子化学計算を容易にする理論の開発とそのプログラムの作成
・ 同時にユ-ザーの化学概念を刺激しその構築につながる量子化学の開発
・ それらを大きな分子や巨大系に展開できる理論の開発
・ これらの理論を使って、新しい応用計算化学を展開する研究

なお、QCRIは、科学研究費補助金取扱規程・第2条第8項に規定する研究機関に指定されていて (機関番号:94309)、JSPSの科研費申請や特別研究員の受け入れが認められています。ご希望の方は、まず以下までご連絡ください。
・ 問合せ先:量子化学研究協会研究所長 中辻 博 (h.nakatsuji@qcri.or.jp)
・ 締め切り:2020年5月24日
  JSPSへの書類申請の締め切り:2020年6月3日(水) 17:00 (電子申請)
・ JSPS-PD, DCの詳細はJSPSのHPをご覧ください:https://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_sin.html

(2020年4月16日掲載)

機関誌「量子の世界」2020年春号を発刊しました

(下の第1ページをクリックして頂くと全ページをダウンロード頂けます。) qcrishi2020spring(上の第1ページをクリックして頂くとをクリックすると全ページをダウンロード頂けます。)
(2020年5月11日掲載)

中嶋 浩之 部門長が2020 Pople Medal を受章

中嶋 浩之 部門長が、the Asia-Pacific Association of Theoretical & Computational Chemists (APATCC)より、2020 Pople Medalを受章しました。賞について詳細は、http://www.apatcc.org/awards.html をご覧ください。

第8回JCS理論化学シンポジウム開催のご案内

新型コロナウィルスの状況を踏まえまして、開催は延期となりました。

第8回JCS(Japan-Czech-Slovakia)理論化学シンポジウムは2021年7月頃に北海道大学(札幌)にて開催予定です。

皆さま奮ってご参加ください。

(2019年5月31日掲載)

中辻 博 所長「De scientia et humanitate optime meritis (Honorary Medal)」受章

2018年5月23日に中辻 博所長が、チェコ共和国科学アカデミーより「De scientia et humanitate optime meritis (Honorary Medal)」を授章されました。このメダルはチェコ共和国科学アカデミー最高のメダルであり、下記のLaudatioにあるように、これまでの中辻所長の研究業績に対し授与されたものです。

詳しくはチェコ科共和国学アカデミーのページをご覧ください。

本受章のLaudatioは こちら(PDFファイル) からご覧いただけます。

(写真をクリックすると大きな写真でご覧いただけます。)


Laudatioを読み上げるZdeněk Havlas教授(右)と、チェコ共和国科学アカデミーPresidentのEva Zažímalováさん(左)

中辻博所長とチェコ共和国科学アカデミーPresidentのEva Zažímalováさん、及びメダルと証書

授章後の祝賀会の様子
(右から) President Zažímalová、中辻 所長、Havlas教授、榊教授、中井教授、江原教授

メダル(表)と証書

メダル(裏)と証書
News

The director, Hiroshi Nakatsuji was awarded the 2016 Schrödinger medal of WATOC “For the discovery and development of general methods of solving the Schrödinger equation of atoms and molecules”.

本受章について、 Angew. Chem. Int. Ed.誌 (55巻, 4861ページ(2016年)) の”News”欄に掲載されました。
The WATOC (World Association of Theoretical and Computational Chemists) Schrödinger medal is awarded each year to one outstanding theoretical and computational chemist:
http://watoc.net/watoc.schroedinger.html.
Abstract of the Plenary Lecture at WATOC 2017, Munich

News

「特定非営利活動法人 量子化学研究協会」は、
2016年3月24日「認定NPO法人」に認定されました。


認定NPO法人は行政府により、NPO法人の中でもその活動・財務等が優秀な法人のみを厳格な審査のうえ選んで認定されるものです。量子化学研究協会は、京都市より800以上の法人の中で15番目に平成28年3月24日認定を頂きました。認定NPO法人についての詳細は、量子の世界2016年春号をご覧ください。
「認定NPO法人 量子化学研究協会」では、個人の皆様、民間企業等の皆様からのご寄付を求めております。認定NPO法人へ寄付をすると、寄付者は、所得税, 相続税, 法人税から税の控除を受けることができます。ご寄付頂きました御こころざしは、真に有用な量子化学の研究とその普及を通じて科学技術の発展と人類の幸福に寄与する活動に使わせて頂きます。ご寄付をお考えの方はこちらをご覧ください。

中辻がWATOCの2016年度 Schrödinger medal を受賞 (2015年12月21日)

研究所長、中辻 博がWATOCの2016年度 Schrödinger medal を受賞しました。受賞理由は “For the discovery and development of general methods of solving the Schrödinger equation of atoms and molecules” です。WATOC (World Association of Theoretical and Computational Chemists) は、1982年に設立された実験家も含む理論化学者の権威ある世界組織であり、Schrödinger medalは世界中から1年に1人という権威ある賞です(http://watoc.net/watoc.schroedinger.html)。
授賞式は2017年8月、Munich, Germany のWATOC Congressにて行われます。

iExg 理論に関する論文が発表されました。(2015年5月18日)

iExg理論に関する論文 “Solving the Schrödinger equation of molecules by relaxing the antisymmetry rule: Inter-exchange theory”, Hiroshi Nakatsuji and Hiroyuki Nakashima, J. Chem. Phys., 142, 194101 (2015) が発表されました。 論文リスト よりご覧いただけます。

6th JCS-2015 理論化学シンポジウムのご案内

6JCS理論化学シンポジウムが20151011()-14()にスロバキア ブラティスラヴァ郊外のSmolenice城にて開催されます。このシンポジウムは、JCS (日本、チェコ、スロバキア) 3国の理論化学者の温かい友情のもとに企画され、“Friendship is our principle, science will follow with us.”という理念のもと、研究者同士の国際的フレンドシップを育むことを最も重視しています。これまで、プラハ(2005)、京都(2007)、ブラティスラヴァ(2009)、プラハ(2011) で開催され、前回の第5(奈良(2013))においては国内外より200名を超える参加がありました。今回は会場の都合で最大で80名程度の予定と伺っています。皆さまも是非ご参加ください。
  • 日時: 2015年10月11日(日)~10月14日(水)
  • 場所: The Smolenice Castle near Bratislava (Slovakia)
  • Web: http://jcs-2015.sav.sk/
シンポジウム会場(スロバキア Smolenice城)
JCS2009を成功に導いたスロバキアのオーガナイザー:酒蔵のワインとUrban教授, 自慢の喉を披露するNoga教授, 全体を見守るKello教授