特定非営利活動法人 量子化学研究協会研究所 Quantum Chemistry Research Institute

ご寄附

「認定NPO 法人 量子化学研究協会」へのご寄付のお願い
2017年 3月 24日

量子化学研究協会は、昨年の2016年3月24日に「認定NPO法人」に認定され、1年が経過しました。認定NPO法人は、行政府により、NPO法人の中でもその活動・財務等が優秀な法人のみを、厳格な審査のうえ選んで認定されるものであり、社会に認められ、社会に貢献する活動を継続するには、認定NPOを今後も維持することが重要です。
量子化学研究協会の目的は、量子化学の研究とその普及に関する活動を行い、その成果を国際的に公表することによって、科学技術の発展と人類の幸福に寄与することです。
中でも私達が力を入れているのは、化学の世界を支配している方程式、シュレーディンガー方程式を正確に解く一般的な方法を創り上げて、化学を予言可能な学問に発展させる道をつけることです。ご存じの通り、1926年の量子力学の誕生以来、その基本原理であるシュレーディンガー方程式 HΨ=EΨを正確に解くことは、不可能であるとされてきました。しかし、2004年に中辻により、シュレーディンガー方程式を正確に解く一般解法が発見され、科学者の夢の実現に道が開かれました。この理論を発展させて、量子化学を、飛躍的に正確な、予言的科学に発展させる夢を実現すべく、私達の量子化学研究協会が2006年夏に作られ、その研究所の活動は、2007年春にスタートしました。この前人未踏の夢が実現できれば、量子化学はシュレーディンガーレベルにまで引き上げられ、様々な化学現象を正確に予測する「真に有用な予言的量子化学」を作り上げることができます。研究所の開設以来の、この夢の実現に向けた私達の絶え間ない研究と、文字通りの悪戦苦闘の結果、最近、この夢の実現に向け、かなり大きな進展が得られつつあるとの実感を、私たちは持っています。
更に、光は、私達の生命の根源であるばかりでなく、理学、医学、生物学のあらゆる分野を支えています。SAC-CI理論は、この分野の最も信頼される汎用性のある研究手段として、広く利用されています。研究所はその中核の一つとしての研究を進めています。
このような研究の展開は、広く化学の分野に役立つだけでなく、科学・生物学などにも貢献し、産業にも使われるようになれば、製品開発等にも貢献し、NPOの目的である社会の永続的な幸福に繋がるものと期待されます。
そこで、私達量子化学研究協会・研究所は、このような科学上の大きな夢とそれを実現する研究・活動に意義があるとご賛同して頂ける方に、ご寄付をお願いしております。
認定NPO法人を維持するためには、その条件として、
1. 年あたり 平均して100人から3,000円以上の寄付 があること(絶対基準)
2. 経常収入のうちに寄附金等の割合が20%以上など、いくつかの条件を満たす事 (相対基準)
のどちらかを満たす必要があり、絶対基準を満たせば無条件で認定NPO法人を維持することができます。1の条件を満たすためには、少額(3,000円以上)でも多くの方からの毎年のご寄付が大変ありがたく、私たちが社会に貢献していることを示す大きな証となります。現在、15名ほどからご寄付を賜り、心より感謝申し上げます。ご寄付頂きました御こころざしは、上に述べた夢の実現と、それを通じての科学技術の発展と人類の幸福に寄与する活動に使わせて頂きます。
ご寄付を頂いた皆様には、研究所誌「量子の世界」の配布のほか、研究協会の活動の成果、成果論文の別刷り送付、等のリクエストにも随時お答えいたします。また、私たちの研究成果の説明や講演のお申し出にも、出来る限り応じてまいります。
また、認定NPO法人へ寄付をすると、寄付者は、所得税、相続税、法人税から税の控除を受けることができます。京都市在住の方は、住民税からも税の控除が受けられます。これらの経済的支援は、政府が認定NPO法人に限って認めているもので、我が国の寄付文化が欧米並みに高まることを願ってのことです。行政府による認定NPO法人の認可が厳しい事の背景には、このようなことがあります。お振込先は、下記の通りです。より詳細にご関心をお持ちの方は、量子化学研究協会・研究所のホームページ、http://www.qcri.or.jp/ をご覧ください。
皆さまの、温かいサポートを、お願い致します。

量子化学研究協会・研究所 研究員一同
中辻博
宮原友夫
中嶋浩之
黒川悠索
——————————–
京大桂ベンチャープラザ北館107
615-8245 京都市西京区御陵大原1-36
e-mail : office@qcri.or.jp
Tel & Fax: 075-634-3211
web site : www.qcri.or.jp
——————————–

お振込先: 下記のお振込先口座、①、②の内、便利な方をご利用ください。お振込の通知が当方に届きましたら、当認定NPO法人から定められた様式の領収書をお送りいたしますので、それが届きますよう正確な住所と寄付人名をお書きください。この領収書は税の控除を受けるための確定申告の際必要となる重要書類ですので、それまで大切に保管ください。

① 銀行名: ゆうちょ銀行
口座記号番号: 00910-6- 332225番
口座名称 (漢字): 特定非営利活動法人 量子化学研究協会
口座名称 (カナ): トクヒ)リョウシカガクケンキュウキョウカイ
(手数料につきましては恐れ入りますが ゆうちょ銀行ホームページ をご覧ください。)

ゆうちょ銀行以外の銀行からこの口座に振込まれる場合は、下記内容をご指定ください。

店名(店番): 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目: 当座
口座番号: 0332225

② 銀行名:三井住友銀行
支店名: 伏見支店
口座名義: 特定非営利活動法人量子化学研究協会 理事 中辻博
カナ: トクテイヒエイリカツドウホウジン リョウシカガクケンキュウキョウカイリジ ナカツジヒロシ
預金: 普通預金
口座番号: 1453553

ご寄付のお願い

量子化学研究協会の「認定」NPO法人としての出発

量子化学研究協会の目的は、量子化学の研究とその普及に関する活動を行い、その成果を国際的に公表することによって、科学技術の発展と人類の幸福に寄与することです。なかでも、理論化学者としての夢と、「化学」と「工業」への貢献の接点の一つとして、「真に有用な予言的量子化学の建設」を目指しています。
化学の世界は1926年にシュレーディンガーによって発見された量子力学の原理、とりわけ、シュレーディンガー方程式によって支配されていることが知られています。ですから、この量子力学の原理を正確に解き、その解に従って化学現象を正確に解明すれば、化学という学問も、化学産業での製品開発や有用な薬の開発なども、理論の教えに従ってスムースに行うことが出来るはずです。この夢を実現するために生まれた学問が「量子化学」で、そのための研究が活発に行なわれてきました。ただ、肝心のシュレーディンガー方程式の正確な解法は、デイラック方程式のデイラックによってすら不可能と公言されるなど、発見から80年近くたっても分かりませんでした。[脚注参照]
しかし、2004年、量子化学研究協会の建設者の一人である中辻によって、この方程式の正確な一般解法が発見されました。2006年に量子化学研究協会の研究所が作られた大きな目的の一つは、この解法を発展させて化学に応用できる有用な方法論「予言的量子化学」を作り上げることで、地道なあらゆる努力が続けられました。最近、大きな理論的発展があり、小さな分子、大きな分子、さらには巨大系に至る広い対象に対して、「解けた」との実感がしています。この2016年5月14日に開催される量子化学研究協会恒例の、第10回 革新的量子化学シンポジウムでの中辻の話の中で触れる予定です。この理論的成果に基礎をおいて、新しい理論体系、その計算法、そして実際に計算機を使って解くための計算プログラムの開発など、化学と化学者にとって有用な理論体系を作り上げるべく、研究所は今おおわらわです。
そんな中、このたび、2016年3月24日、量子化学研究協会は、京都市より、「認定NPO法人」との認定をいただき、身の引き締まる思いです。認定NPO法人の判定基準を真摯に考えますと、真に有用な量子化学の姿が浮かんでまいります。まず真に有用な量子化学とは何か、正確な予言能のある量子化学であると同時に、化学において、化学産業において生きた化学を産み出す量子化学、それによって、化学や化学産業に潤いをもたらす量子化学、そのようなものでなければなりません。正確な予言能というハード面は勿論、化学に豊潤な活動をもたらすというソフト面をも兼ね備えた真に有用な学問体系を建設していかなければいけない、と思います。それによってハード・ソフト両面での評価を得ることが出来、多くの方からサポートを得る事ができ、私達も真に励まされるのだと思います。今、世間の量子化学は”black box theory”を正当化しています。それでいいのでしょうか?たとえエネルギーやpropertyが正確に求まったとしても(現状はその正確さすらありませんが)「何故か」が分からなければ進歩はないと考えます。予言の「正確さ」と、それが「なぜか」の両方に答えるのが、真に有用な「学問」であり、化学と工業にとっても有用な「道具」たりうるのではないでしょうか?この問いかけに真摯に向き合い、それに応える科学技術としての「予言的量子化学」を建設してゆく覚悟です。
認定NPO法人に課せられた使命、即ち、私達の活動が世間一般に“善”として認められること、具体的には現代社会にとって真に有用な科学と技術を創り、提供し、一つの体系的な「学」として発展させていく事が重要です。このような研究の展開は、化学だけでなく、広く物理学・生物学・宇宙科学等にも寄与し、化学と工業の製品開発等を通じて経済の発展にも貢献し、社会の永続的な幸福に繋がるものと思います。この様な活動を今後広く行ってゆく覚悟です。皆様の熱い御支持と、お導きを望んでいます。
[脚注]エルヴィン・シュレーディンガー博士は、ポール・デイラック博士と共に、1933年「新形式の原子理論の発見」に対してノーベル物理学賞を受賞した。シュレーディンガー博士は波動力学の建設、デイラック博士は相対論的量子力学の建設でとりわけ名高い。

ご寄付のお願い

量子化学研究協会研究所の研究活動は、上に述べましたように、まだとても基礎的な段階でしかありませんが、科学者の純真な心によって共感される確かな夢に基礎を置くものです。「空を飛べたら素晴らしいな」という思いが、多くの冒険を呼び、失敗を重ね、そして今の飛行機に発展しました。わが国でも二宮忠八という方が「カラス型飛行噐」を飛ばしたのは、ライト兄弟がアメリカで初めて有人飛行実験に成功(1903年12月17日)するより12年前でした。10年前には有人の「玉虫型飛行噐」を設計しその実現に奔走しましたが、理解を得られず、ライト兄弟成功の報に接してしまうことになります。私達は今迄、文部省の科学研究助成金などによって、上に述べた私達の研究開発を行ってきました。しかし最近はこれだけでは十分な研究が行えないのも事実であり、個人の皆様、民間企業等の皆様からのご寄付を求めております。ご寄付頂きました御こころざしは、上に述べました通り、真に有用な予言的量子化学の開発研究とその普及を通じて科学技術の発展と人類の幸福に寄与する活動に使わせて頂きます。
皆様からのご寄付は、私たちが社会に貢献していることを示す大きな証となります。また、認定NPO法人を維持し、世間一般から認められる新たな形の研究組織を確立することは、我が国の研究組織の新しい形態として、文化・学術の在り方の発展にも繋がります。既存の大学や研究所にはない真に自由な研究の在り方、本来この自由こそが独創性のある研究を育ててきた原点であるとの想いで、研究を展開して参りたいと存じます。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

認定NPO法人制度による税の優遇措置

認定NPO法人は、特別に、その活動を国より次の形でサポートされています。それは寄付者にも、寄付を受ける法人にもメリットがあります。例えば個人が認定NPO法人へ寄附をすると、寄付者は所得税の控除を受けることができ、寄付金額の2千円を超える分の40%が控除されます。また、相続人が相続財産のうちある額を認定NPO法人に寄付した場合その額については相続税が非課税になります。法人からの寄付の場合は、法人税の軽減があり、一般寄付金の損金算入限度額とは別に、特別損金算入限度額 [(資本金等の額×0.375%+所得金額×6.25%)×1/2]の範囲内で損金算入が可能です。これらの控除を寄付者が申告する場合には、認定NPO法人が発行する定められた様式の領収書を添付することが必用になりますので、必ずこの領収書を大切に保存してください。
尚、この控除を受けるためには、確定申告をすることが必要ですので、申し添えます。また、その際、役に立つサイトには以下のようなものがあります。詳しくは税務署にお問合せください。

①<所得税> 国税庁ホームページ、認定NPO法人に寄附をしたとき
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1263.htm
<所得税の申告書の作成方法>(確定申告書等作成コーナー)
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

②<法人税> 認定NPO法人等に対する寄附金
https://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5284.htm

③<相続税> 内閣府NPOホームページ:寄附に伴う税制上の優遇措置
https://www.npo-homepage.go.jp/kifu/kifu-yuuguu
個人が相続又は遺贈により取得した財産を認定NPO法人に寄附した場合
https://www.npo-homepage.go.jp/kifu/kifu-yuuguu/kojinsouzoku-kifu

ご寄付の手順

1. ご寄付のお申し出
・以下のお問い合わせ先にご氏名とご住所等をご連絡ください。
認定NPO法人量子化学研究協会  中辻 博
mail

2. 寄付金の振込
・郵便振替または指定口座への寄付金のお振込

3. 認定NPO法人・量子化学研究協会がお送りする寄付金受領証明書を保存
税の優遇のため、確定申告時に必要です。

4. 確定申告
税の控除が受けられます。
・寄付金受領証明書を提出

ご寄付の際のご記入項目

以下の項目をご記入の上、連絡先までご連絡ください。折り返し、ご案内いたします。
ご芳名:
ご所属:
ご住所:
ご連絡先(電話番号):
e-mailアドレス:
ご寄付金額:
ご連絡事項(もしあれば):

連絡先:認定NPO法人量子化学研究協会  中辻 博
mail

お振込先

お振込先は、下記のとおりでございます。①,②の内、便利な方をご利用ください。

① 銀行名: ゆうちょ銀行
口座記号番号: 00910-6- 332225番
口座名称 (漢字): 特定非営利活動法人 量子化学研究協会
口座名称 (カナ): トクヒ)リョウシカガクケンキュウキョウカイ
(手数料につきましては恐れ入りますが ゆうちょ銀行ホームページ をご覧ください。)

ゆうちょ銀行以外の銀行からこの口座に振込まれる場合は、下記内容をご指定ください。

店名(店番): 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目: 当座
口座番号: 0332225

② 銀行名:三井住友銀行
支店名: 伏見支店
口座名義: 特定非営利活動法人量子化学研究協会 理事 中辻博
カナ: トクテイヒエイリカツドウホウジン リョウシカガクケンキュウキョウカイリジ ナカツジヒロシ
預金: 普通預金
口座番号: 1453553

お問合せ先

認定NPO法人 量子化学研究協会 理事長 中辻 博
mail

↑ Page Top