特定非営利活動法人 量子化学研究協会研究所 Quantum Chemistry Research Institute

メンバー

中辻 博 (Hiroshi Nakatsuji)

量子化学研究協会研究所所長Hiroshi Nakatsuji
中辻 博
(理事長、第一部門長)

量子化学研究協会研究所は、真に予言的で有用な革新的量子化学を建設し その普及を図ることを目的として、量子化学研究協会の研究活動の中核として、 専任の研究員を中心に活動しています。

研究テーマ: 量子的化学原理の発見と深化

  • 正確な予言学としての量子科学の建設と確立
  • 励起状態の量子化学
  • 密度行列の直接決定のための理論
  • 表面触媒化学
  • 化学における力の概念
  • 磁気量子化学

 

宮原 友夫 (Tomoo Miyahara)

研究テーマ:巨大分子系の励起状態理論、DNAの光化学

SAC-CI法を巨大分子系に拡張したGiant SAC-CI法の開発を行っています。これによりSAC-CI法では計算困難な巨大分子系への応用が可能になります。現在このGiant SAC-CI法を用いて、DNAの螺旋構造の研究を進めています。今後も、SAC-CI法・Giant SAC-CI法を発展させ、光・励起状態が関与する化学の解明・予測を目指します。 
個人のページはこちら

 

中嶋 浩之 (Hiroyuki Nakashima)

近年、シュレーディンガー方程式やディラック方程式の正確な解に導く波動関数理論が発見されました。これらの方程式の超精密解を求めることで、原子・分子の化学に、理論による正確な予言能を実現することを目指しています。
研究テーマ:
① 原子・分子のシュレーディンガー方程式の超精密解の計算
② 正確な波動関数構造理論に基づく相対論的量子化学の構築
③ 超精密量子化学で迫る宇宙と極限の科学
個人のページはこちら

 

黒川 悠索 (Yusaku I. Kurokawa)

研究テーマ:シュレーディンガー方程式とディラック―クーロン方程式の解析的一般解法

シュレーディンガー方程式の厳密解法としてFree Complement(FC)法があります。これまで、FC法を用いて水素分子やHe原子の超精密な波動関数を求めてきました。現在では、二粒子が近接するときに波動関数が満たすべき条件(一般化近接条件)について研究を行っています。
個人のページはこちら

 

主事務部

中辻 美恵子 (Mieko Nakatsuji)
宮原 友夫 (Tomoo Miyahara)

所友

福田 良一 (Ryoichi Fukuda)
石川 敦之 (Atsushi Ishikawa)
伊藤 祐富子 (Yuko Ito)

共同研究者

江原 正博 (Masahiro Ehara) (自然科学研究機構 分子科学研究所 計算科学研究センター)
長谷川 順也 (Jun-ya Hasegawa) (北海道大学 触媒化学センター)
百瀬 孝昌  (Takamasa Momose) (The University of British Columbia, Canada)
Roberto Cammi (University of Parma, Italy )
杉山 弘 (Hiroshi Sugiyama) (京都大学理学部)
和田 健彦 (Takehiko Wada) (東北大学多元物質科学研究所)
志田 忠正 (Tadamasa Shida)

過去の研究者

Yung-Ching Chou
Johanna Langber
石川 敦之 (Atsushi Ishikawa)
伊藤 祐富子 (Yuko Ito)
Fang Tao
本田 康 (Yasushi Honda)
Cong Wang

Annika Bande
Henryk Witek
Sergiy Bubin
福田 良一 (Ryoichi Fukuda)
James S. M. Anderson

↑ Page Top